MURAKEN 【フォトグラファー】 Blog powered by syncl

Profile

MURAKEN
フォトグラファー

2000年頃に使い捨てカメラでスケートボードの写真を撮った事でそのキャリアをスタート。
その後、独学で写真を学び様々な媒体で、その作品を発表している。
 




今年の桜はいつもより、より一層、力強く咲いているように感じたのは
自分だけでしょうか?

色、濃かったです。
マジで。





毎年、必ず花を咲かす桜のエネルギーは凄いですね!

そんなエネルギーを吸収。

来年もヨロシク、桜ちゃん。

おりゃー!












2011-04-18 01:40:03投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

ChattyChatty4 完成披露試写会



遂に、遂にこの日がやってきました!


本当に待ちました。
待って、待って、待ちくたびれそうになりました。


でも、遂にこの日がやってきたんです!


前作「ChattyChatty3」、何回観ただろうか。。。
数えきれないくらい、穴が空くくらい観た気がします!

あの頃は皆、若かったねぇ〜。
JUNYAとか子供です。

あの頃はね〜。



で、5年以上!?
経ちました。
アッという間に。


ChattyChattyの沖縄ツアーには何と4年連続同行しました!
他にも、もう〜色々と。
思い出詰まりまくりです。


と、まぁ、個人的な見解はさておいて、、、


内容、絶対間違いないです!
言い切ります!
多分、ド肝抜かれる事でしょう。。。


震災の影響で色々なお祭りが中止になったりしている最中、
プロデューサーのPONG君の英断、リスペクトです。

ちょっと早い、季節外れのデッカイ打ち上げ花火を皆で見上げましょう!!!


4月9日!
今週、土曜日!
皆で集合DA!


Big Up ChattyChatty!!!























2011-04-07 17:03:44投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

Honey Drippin' "return of the soul brothers"



遂にあのパーティが帰ってきました。

「Honey Drippin'」

渋谷MICROCOSMOSにて待望の復活です!



皆が口を揃えて「面白かった」と言っていた、あのパーティです。

帰ってきてくれて、嬉しいです!

機長のKASHI君を筆頭に、皆さん、ありがとうございます!


そして、自分もフォトシューティングで参加させて頂く事になりました。
楽しい空間を写真で切り取りたいと思いますので、
皆さんスマイルのほう宜しくお願いします。


フライト、いよいよ明日です。
ご搭乗の際はパスポート(ID)を忘れずに。。。































2011-03-31 23:55:43投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

数日経って



色々な情報が交錯し、人それぞれのスタイルが、よりハッキリと分かれてきた。


「逃げる」「逃げない」という大きな部分だけでなく、
捉え方は人それぞれだ。


ただ、一つ言えるのは、「正解がない」という事だ。


正解だと思った事も、角度が変わると不正解になる事もある。


例えば、「被災地に貢献する」というキーワードに於いては不正解など、存在しないと思うのだが、
ここに、しっかりとした知識がなければ、ちゃんとした「貢献」として機能しないかも知れない。
被災地に向けての救援物資も、ちゃんとした形で、なるべく早く被災者の元に届かなくては
意味が薄れてしまう。
事態は切迫しているのだ。
東北地方では、これから、寒さが厳しくなるらしい。
凍死、餓死の危険も高まってくるだろう。
早急な対応が必要なのだ。


そして、僕達自身も、自分達の身を守らなくてはいけない。
福島原発では依然として予断を許さない状況が続いている。
小さい子供がいたりする人は特に心配だろう。



もう、色々な事が入り交じって、身動きが取れない人も沢山いると思う。
その位、複雑過ぎ、幾重にも重なった選択肢から、価値観という判断基準をもって、
自分なりの「正解」を見つけなくてはならないのだ。
これは、突き詰めていくと、本当に苦しい。
色々な矛盾も生じてくるだろう。


でも、自分が潰れてしまっては何の意味もない。
そこから何も生まれない。


ここは、気持ちを太く持とう。


「見えない敵」
それは自分の心の中にある。
目の前にある「被災」という現実を目の当たりにし、
大きな大きな波が立っている自分の心の中にある。


今回の災害、まだまだ続いている災害、
本当に悲しい。
悲しくて悲しくてたまらない。


その悲しみを、しっかり心で受け止めて、自分が折れないようにしよう。
悲しむだけでは何も生まれない。


でも、悲しむ気持ちがなければ、人を思いやる気持ちも生まれない。
誰かを思いやる「行動」は、必ず、
誰かを救い、
日本全体を前向きに推進させるはずだ。
だから、今こうしている間にも、必死で生きようとしている人達がいる事を忘れてはいけない。
忘れず、受け止める。


そして、被災地で、不眠不休で救援活動をしている人達、原発で危険を省みずに対応している人達も。
最前線の人達の努力や功績は計り知れない。
彼等は「悲しい」なんて言ってられないはずだ。
現実が待ってくれないから。
忘れず、感謝。応援。




で、とにかく自分達で出来る部分は節約しましょう。
これはお金という意味ではなくて、電気やガソリン等の事です。
公的機関(道路工事やTAXI等)が、どこまで節約出来ているのか、相当疑問ですが、
自分達が出来る事は、とにかくしっかりやる。
これに間違いはないと思います。
忘れず、実行。



バックアップしましょうよ。


色々な角度から。


信じましょう。





こっっっっから強いよ!

日本人は!




































2011-03-17 05:08:07投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

震災から



地震と津波、原発。

各地で未だに悲しいニュースが飛び交っています。



今回の災害で、色々なモノが明るみに出たように思います。



政府の対応の甘さ、対応の遅さ、情報の隠蔽。
政府に対する不信感は増すばかりです。

TVの報道は全くあてにならないので、インターネットから情報を拾うしかありません。





そして、もっと身近で感じるのは、人それぞれの価値観の違いです。




もう、これは倫理観の問題なので、何とも言い難いですが、
はっきり言って、今回の災害は非常にネガティヴな出来事です。

何とかポジティヴな方向に考えようとするのはわかるのですが、
これは非常にネガティヴな出来事なんです。


僕は祖父や祖母から、戦争の時の話を何度もされました。
孫である僕に、何度も同じ話をしていました。


「孫の代になっても癒えない傷」


これは、想像もつかないくらい壮絶な体験だったのだと思います。



今回の災害、比べる事なんて出来ないですが、戦争の体験に匹敵するくらいの事だと思います。
ですから、僕達の孫の代になっても、癒えないくらい、非常に深い傷跡を、人々の心や身体に残した事でしょう。

そんなレベルの話ですので、そんな何日、何週間、何ヶ月の話じゃない。
何十年っていう単位の話だと思うのです。
その位、ネガティヴな話です。
悪夢を越えた出来事です。


連日TVでは被災地の模様が流されていますが、家族を失い、悲しんでいる人だけでなく、
壊れた瓦礫の中から必至で家族の写真を探している人もいました。
その人の未来や今だけでなく、過去までも根こそぎ奪っていった震災。
被害に遭われた方々の心情は、想像もつかない悲しみや苦しみで溢れている事でしょう。


そういう部分を理解し、そこから、どう未来に繋げていくか。


でも、皆、人間なんですよ。
感情を持った人間です。


そんな、今すぐ未来の事なんて考えられないはずです。
今を受け入れるのに、精一杯なはずです。

受け入れる事が出来る日が想像もつかないくらい、大きな、大きな苦しみをかかえているはずです。



だから、もっと、そういう部分を、自分に置き換えて想像してあげて欲しい。



色々な考え、意見があるのはわかります。
でも、根本はここになければ。
ワールドカップの時、日本全体が団結したような、ああいうテンションになってしまう。
もう一度言うが、今回の災害は非常にネガティヴな出来事です。

さらに、自分と違う意見を持った相手に対して、過剰に攻撃的になるという二次災害も起きている
ように感じます。
混沌としています。
安全な場所にいる人達が。





命は「数」って単位じゃない。
一つ一つの命は、代わりなんてない。
その事をしっかりと受け止めて、初めて、未来の話をして欲しいと思います。




いつまでも悲しみ、下を向いてはいられない。


でも、今は、急に整理が出来る程ドライではないです。俺は。



良い写真、撮りたいけど、今は、もうちょっと時間が必要です。
























2011-03-14 02:51:44投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

3.11



3月11日の午後、僕は渋谷の街を自転車で走っていました。

突然の揺れ、今まで生きてきて経験した事のないような揺れ。
建物のガタガタと大きく揺れる音、人々の叫び声が辺り一帯を埋め尽くしていました。
もう、その場に立っているのがやっとでした。
何も出来なかった。
幸いにも怪我もなく、無事に今も生きています。






「人の命が失われる」


この事を僕は厳粛に捉えたいと思います。
人間として当然の事であると思いますが、
「対岸の火事」ではなく、より卑近な出来事として。


亡くなった方々には家族も、恋人も、友人もいたかも知れない。
夢や希望、全てを一瞬で失ってしまったのです。
これだけ沢山の方々が、です。
想像しただけで、胸が張り裂けそうです。


そして、未だ安否の確認が出来ていない方々もいらっしゃいます。

かろうじて生き延びた方々も、家や大切なモノを失い、今も不自由な生活を余儀なくされています。



こういう方々の心情を、僕が100パーセント理解する事は出来ないでしょう。
実際に経験していない訳ですから。
「わかる」なんて間違っても言えないです。


でも、「もし、自分だったら」「もし、自分の家族だったら」「もし、自分の恋人だったら」

と、想像してみてください。




「前向き」や「ポジティヴ」という言葉は大好きだけれど、目を伏せないで欲しいと思います。
現実を見ないで、目を伏せる事は、決して「前向き」ではないと思います。


また、「頑張れ」という言葉も大好きだけど、こういう状況の人達に実際に、
「頑張ってくださいね」と言えるのだろうか。
家も家族も失った人間に、「頑張ってくださいね」って言えるのだろうか。

きっと、言葉、出ないと思う。
「前向きに行こうぜ」なんて言えないと思う。

そんなレベルの話じゃない。

「そういう気持ちを胸に、何をしてあげられるか」って事だと思う。
どこまで「汲んで」、何かをしてあげられるかだと思う。



メディアは嘘ばっかりついてる。
不安ばかりを煽ってる。
でも、肝心な事は言わないでいる。


原発の事故、もっと早く情報を公開していたら、あんなに沢山の人達が被爆しただろうか。
自分や、自分の家族、恋人が、被爆者になってしまったら、どうだろうか。
あんな適当に誤摩化して、情報を小出しにして、隠蔽が前提みたいな会見見て、
腹が立たないか?



「誰が悪い」とかそういうんじゃない。



頼むからちゃんとして欲しい。


だって、あれだけの夢や希望が失われているんだから。
あれだけの悲しみや苦しみが、今も、涙となってこぼれているんだから。


笑顔に変えたい。
それは、そう。
自分が笑顔でいる事から始めたい。
勿論。



でも、そんな奇麗事では片付かないくらい、大きな悲しみや苦しみを抱えた人達が、
今も、悲しみ、苦しんでる。
多くの命が失われた。


そういう自覚が、今、自分達に一番必要なのではないかと思う。
そういう自覚があった上で、何が出来るかって事だと思う。

本当に、想像もつかない。




そういう気持ちを胸に、今、僕が出来る事、僕にしか出来ない事が一体何なのか。
しっかりと考え、行動したいと思います。

亡くなった多くの方々や、今も被災地で苦しんでいる方々に失礼のないように。





今回の災害で亡くなった多くの方々に心からご冥福を申し上げます。

また、被災地の方々の一日も早い回復を願っています。

未だ行方不明になっている多くの方々の無事を願っています。

































2011-03-13 04:32:29投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

暗室マラソン2011



いや、本当にお久しぶりです。

しょっちゅう、こんな事を言っていますが、お久しぶりです。

もうね、ドップリやってます。

感覚的にはマラソンです。もはや。





ガッチリ、ガチです。

そこんとこ、ヨロシクッ

こんにゃろ〜








2011-03-01 23:35:47投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

遅くなりましたが




最近、色々とバタバタしています。

今年、自分的にちょっと大きな出来事が起こりそうでして。
また進展があったらご報告させて貰います。

そんなこんなで、アップがだいぶ遅くなってしまった事をお詫びします。






先日行われた、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。

僕は、撮影で入らせて貰いました。
内山選手とは最近まで面識がなかったのですが、今回の試合を通して、
彼の本当の凄さを少し知れた気がします。

とても同い年とは思えない程の精神レベルの高さでした。
とにかく、メンタルが強い。


「強い」とは、勢いとかそういう類いのモノではなくて、「ブレない」という意味です。
とにかく平常心。
どんな状況でも、いつもの内山選手でした。




一番驚かされたのは、控え室での彼の立ち振る舞いです。




試合前には、次から次へとお客さんが控え室にやってくるのですが、
誰に対しても笑顔で、とても試合前とは思えないくらい普通のテンションでした。



お客さんも前サッカー日本代表の岡田監督や、役者の杉良太郎さん等、ビッグネームばかりでした。
世界タイトルをかけた試合ですから、緊張もするだろうし、「やってやる」という気負いもあるでしょう。
普通であれば、そうだと思います。
今までTVで観たような、世界タイトルマッチの控え室のムードは、ピリピリしたモノだったように感じます。


この差というか、違和感にはビックリしましたね。

そんな雰囲気のまま試合が始まった訳ですが、
今回の試合は一波乱ありました。


相手選手のバッティング(頭突き)で目尻をカットしてしまったのです。
このハプニングによって、視界が悪くなり、一度ダウンを奪われてしまいました。
相手選手は内山選手に比べると、テクニックではかなり劣っているように見えましたが、
パンチ力がかなりあるタイプでした。

ここから、相手選手のペースに試合が運ばれるかと思われたのですが、
内山選手は本当に冷静でした。

落ち着いて、左、左で徐々にダメージを与え続けました。
しかも「KO ダイナマイト」の異名をとる程のハードパンチャーの内山選手なので、
見た目よりもかなり強いダメージを与えていたのではないでしょうか。
みるみるうちに、相手の右目が塞がり、試合続行不可能となりました。

これで、世界戦4連続KOという偉大な記録になりました。


試合当日、僕は内山選手と一言も口をききませんでした。
普段、試合にいない自分が、彼と話をする事で、ツキが逃げるといけないと思ったので。

だから、次に会った時は、ちゃんとお礼を言いたいなって思っています。

内山選手は自分と同い年だし、とても励みになりました。
自分も頑張っていかないとなって。


内山選手、素晴らしい試合をどうもありがとうございました。

そして、今回の機会を与えて下さった、吉田さん、ユアン君、どうもありがとうございました。




















2011-02-08 18:15:17投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

内山選手


いよいよ明日に迫った、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ。

3度目の防衛をかけての戦いです。

公開練習、調印式、計量と同行させて頂きました。
公開スパーではミドル級の選手と真っ向から打ち合って、スタミナ、パワー、
共に十分である事をアピールしていました。







試合前日の今日も、かなり落ち着いていて、メンタル面での強さも垣間見れました。
明日の試合、楽しみです!

勿論、試合のほうも撮影&応援させて貰います!









2011-01-30 19:52:48投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】

ゆうじ



ゆうじに会いたい人は1月中にBACKWOODSBOROUGHに集合。

ゆうじ曰く、「GOLDRUSH原宿店の味が相当落ちた」らしい。。。

おつかれ!





2011-01-28 02:49:07投稿者 : MURAKEN【フォトグラファー】